金融政策をおこなった時の金利への影響

金融政策をおこなった時の金利への影響

日本銀行の金融政策とは?

過去日本を混乱させたバブル期のように景気が良すぎるとインフレが起きます。

 

逆に景気が悪くなるとデフレが起きます。

 

プラスとマイナスの面で極端な状況はどちらにせよよくありません。

 

そういった極端な状態を抑制する意味で日本銀行は金融政策をおこないます。

 

金融政策は単純なものではないのですが、簡単に言えば未来の景気や物価について予測を行い、政策金利の上げ下げをおこないます。

 

日本銀行がおこなう金融政策

 

インフレの時

 

景気が良すぎるインフレの時、日本銀行は金融政策として利上げをして金利を上昇させます。

 

目的は国内の資金需要を減らす事です。

 

こうなった場合世の中に出回るお金の量が減ります。

 

デフレの時

 

インフレの時の反対で利下げをして金利を下げます。

 

目的は国内の資金需要を増やす事です。

 

世の中に出回るお金の量は増えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ